Top >  基本のアイメイク >  アートメイクが施される場所とは

理想の二重まぶたになる方法

アートメイクが施される場所とは

この頃は、アートメイクとよばれるメイク術が知られるようになりました。
アートメイクとは植物性の色素を皮膚にいれるメイク術なのです。
色素を皮膚に入れると聞くと刺青を想像する方も多いかと思いますが、アートメイクは真皮にまで色素を浸透させる刺青とはまた異なるものなのです。
主にアートメイクが施される場所としてアイライン・眉毛といった場所が多いようです。
眉毛や目元に施すアイメイクというものは、プロの技をもってしても結構難しいものです。
ましてや素人であれば、美しいラインを仕上げるということはとても大変な作業なのです。
でも、アートメイクを施していれば、基本となるべきラインが消えないわけですから、日々のアイメイクがものすごく楽になるのです。
ただし、アイメイク自体の手間も省こうとして、アイメイクをしなくても良いほどの色を入れてしまってはいけません。
色素が薄れてくるには、2~5年を必要としますし、眉毛のラインはそうそう簡単に変更できないことも踏まえておいて下さい。
自分でアイメイクができる余地は残しておかなければなりません。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 アイメイクを簡単にするアートメイク  |  トップページ  |  次の記事 真似したい芸能人のアイメイク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3515

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。