Top >  基本のアイメイク >  アートメイクと刺青の違いとは

理想の二重まぶたになる方法

アートメイクと刺青の違いとは

アートメイクは真皮にまで色素を浸透させる「刺青」とは異なります。
なぜなら、アートメイクは植物性タンパク質を主成分として作られた色素を、表皮の最も浅い部分(角質のみ)、0.01~0.02mmに浸透させるからなのです。
半永久的に消えることの無い刺青では、デザインを変えることも困難ですが、アートメイクの場合は大体2~5年で色が薄くなってきますので、年齢やトレンドに合わせてデザインを変更することも可能です。
個人差が大きく影響しますから、色の入り具合や痛みの度合い、色の映え方といったものは、それぞれに違いが見受けられますが、あまり痛みを感じることもなく、それほど腫れることもないようです。
断言は出来ませんが、違和感をなくすようにするには、最低でも2~3回の手直しをした方が望ましいでしょう。
色が薄れてきたら手直しを施す、という具合にしておけば、絶えず美しさを保てます。
手直しと同時に、デザインを変更するのも良いですね。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 安全なアートメイク  |  トップページ  |  次の記事 アイメイクを簡単にするアートメイク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3513

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。