Top >  基本のアイメイク >  安全なアートメイク

理想の二重まぶたになる方法

安全なアートメイク

素顔の美しさを実現して、アイメイクにかかる時間を短縮してくれる「アートメイク」は、以前から女性の身だしなみとして重宝されてきたメイク方法といえるでしょう。
最近では、アートメイクのバリエーションの幅も広がってきています。
アートメイクの技術的にも数年前と比較すれば、かなり優れたものになっています。
眉やアイラインの上下、唇にまでアートメイクを施すことができるくらいにまで進歩しているようなのです。
色素を皮膚に入れてしまうということから、アートラインに対しての安全性に疑問を感じる人もおられるでしょうが、アートメイクを施す際、使い捨ての針が採用されていますので、衛生面における危険性はないものと考えられます。
アートメイクを施す際には、植物性タンパク質を主成分として作られた色素を、表皮の最も浅い部分(角質のみ)、0.01~0.02mmに浸透させます。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 立体感の演出に重要なのは  |  トップページ  |  次の記事 アートメイクと刺青の違いとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3512

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。