Top >  基本のアイメイク >  目の周りのクレンジング方法

理想の二重まぶたになる方法

目の周りのクレンジング方法

アイメイクを落とす時間は、アイメイクにかかった時間の倍の時間をかけて行うことが良いといわれています。
なぜなら、目元の皮膚はとてもデリケートだからなのです。
また、クレンジングもとても重要で、顔全体のクレンジングとアイメイクを落とす専用のクレンジングがあることが望ましいのです。
クレンジングにはいろいろな種類のものが店頭に並んでいますが、防カビ剤などが配合されている拭き取りタイプなら、手軽に携帯できますから、旅行や出張などにお勧めです。
オイルタイプは、ドーランなどを使用した濃厚な化粧に適しています。
肌が敏感でなければ、それほど支障は懸念されませんが、原因がわからない肌荒れなどが見受けられるような場合には、クレンジング用品が要因になっていることも考えられますから、出来るだけ刺激性の弱いタイプの製品を選択するようにしましょう。
アイメイクを落としてから、ファンデーションのクレンジングをする時には、皮膚の強い箇所である額を含むTゾーンから、頬などのUゾーンへ、という順序で施すようにしましょう。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 肌のことを配慮したクレンジング  |  トップページ  |  次の記事 難しいナチュラルアイメイクのポイント  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3486

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。