Top >  アイメイクの方法 >  立体感の演出に重要なのは

理想の二重まぶたになる方法

立体感の演出に重要なのは

アイメイクで立体感を演出したい・・・そんな場合は「濃いカラー」と「淡いカラー」を使い分けることをお勧めします。
また、立体感を増して、より引き締まったイメージを演出したいと言う場合には、目を開けた状態でアイシャドーのぼかした箇所が、2~3mm見えているくらいがベストです。
さらに、つややかな大人っぽい目元を実現するためには、アイシャドーの淡いカラーと濃いカラーに中間となるカラーを足して、3つのカラーでグラデーションを作りましょう。
目の際から目尻にかけて、濃いカラーをちょっと高い箇所までぼかすようにして下さい。
続いて、濃いカラーとの境目に重なるように、中間のカラーをアイホールにかけてぼかしましょう。
下まぶたの目尻から3分の1ほどの箇所にも中間のカラーを施して下さい。
眉の下と下まぶたの際を、淡いカラーで仕上げれば出来上がりです。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 アイシャドーで忘れてはいけないこと  |  トップページ  |  次の記事 安全なアートメイク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3511

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。