Top >  アイメイクの方法 >  アイシャドーで忘れてはいけないこと

理想の二重まぶたになる方法

アイシャドーで忘れてはいけないこと

アイシャドーを施す上で忘れてはならないことは、「濃いカラー」と「淡いカラー」を上手に使い分けるということです。
このことを踏まえれば、目元に立体感が演出され、顔のイメージも全然変わってくるのです。
肌の色と違和感なく馴染ませるためには、オレンジががったベージュを「淡いカラー」として、赤みの少ないブラウンを「濃いカラー」として使用するのが最適だと思われます。
始めは、「淡いカラー」からまぶたに乗せるようにしましょう。
付属されているチップでも構いませんが、よりきめ細かな仕上がりを期待するのであれば、ブラシの方が良いでしょう。
適量をブラシにとって目尻に置いたら、アイホール全体に広げるようにして下さい。
続いて「濃いカラー」を、目尻から目頭にかけて段々と細くなるように塗ります。
そして、2色のカラーの境目を馴染ませるようにしましょう。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 ピエヌ アイラインパーフェクトホワイティッシュゴールド&ブラックとは  |  トップページ  |  次の記事 立体感の演出に重要なのは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3510

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。