Top >  アイメイクの方法 >  ビジュアル系になるためのアイメイク

理想の二重まぶたになる方法

ビジュアル系になるためのアイメイク

「どれだけ無機質を表現しているか」ということが、ビジュアル系のためのアイメイクにおいて重要なポイントになっています。
ビジュアル系のメイクを施された肌から受ける印象というものは、まるで「真っ白な陶磁器」です。
肌の赤みや色むらを抑える下地を施さなければ、陶磁器のイメージは演出できません。
そのためには、保護力に優れたクリーム・リキッドのファンデーションやドーラン、そしてコンシーラーが必要不可欠です。
少し強めのホワイトカラーが最適です。
たとえ下地が厚くなっても、何の問題もありません。
下地を塗り終わったら、十分なパウダーで仕上げましょう。
もちろんイキイキとした肌色などはNGですから、クリアなタイプや、ブルー、赤みの無いパープルが適しています。
最適なのは、白みがかったブルー(淡い水色)ですね。
ビジュアル系のアイメイクにおいては、自身の眉はほとんど無視することになります。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 キャラクターになりきるにはアイメイクが大切  |  トップページ  |  次の記事 ビジュアル系のアイメイクのNGとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3498

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。