Top >  アイメイクの方法 >  童顔やたれ目にするためのメイク法

理想の二重まぶたになる方法

童顔やたれ目にするためのメイク法

アイメイクによって、目元のイメージはかなり左右されるものです。
アイメイクの方法を考慮すれば、目元のコンプレックスもある程度、克服できるのです。
ここでは、童顔・たれ目にするためのアイメイク法をご紹介します。
目頭よりも目尻に重点を置くのが、たれ目作りのアイメイクです。
下まぶたに施すアイラインが肝心です。
たれ目に見せるためには、目尻から3分の1あたりの箇所に太めのラインを引きましょう。
自然なブラウンカラーが最適です。アイラインと同じように、マスカラも目尻のボリュームアップを心がけましょう。
マスカラ下地をたっぷり塗ってから、マスカラを施せば大丈夫です。
まつ毛の隙間を埋めるようにアイラインを細く描きましょう。
決して、濃く太くなってはいけません。
猫の目のように目尻が吊り上ったようにした方が、大人のキュートさが演出できますよ。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 時間がなくても出来るアイメイク  |  トップページ  |  次の記事 アイメイクと目元のイメージ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3493

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。