Top >  アイメイクの方法 >  ビジュアル系のアイメイクのNGとは

理想の二重まぶたになる方法

ビジュアル系のアイメイクのNGとは

ビジュアル系のアイメイクを施したい場合は、イキイキとした肌色はNGとなります。
では、どんな肌色がいいのかというと、クリアな感じはもちろんですが、ブルーやパープルといった色が適しているといえます。
そして、自分の眉の形も無視するといった形になるのです。
角度を付けたい時には、高めの箇所に眉山を設けましょう。
また、眉頭から眉山の延長線をそのまま延ばすという方法もあります。
どちらにしても、自身の眉とはかけ離れていますから、あらかじめ眉尻をカットするなどして整えておかなければなりません。
続いてのポイントは、アイラインを強調することです。
ブラックやグレイカラーのアイラインが適しているのですが、ビビッド系のカラーを加えても構いません。
カラーを重ねる場合に失敗しないようにするためには、ライトな色から塗り始めて、濃い色を重ねていった方が望ましいようです。
出来ることなら、アイラインは上も下もきっちり施しましょう。

理想の二重まぶたになる方法

 <  前の記事 ビジュアル系になるためのアイメイク  |  トップページ  |  次の記事 奥二重まぶたの人にお勧めしたいアイメイク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ijapos.com/mt/mt-tb.cgi/3499

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アイメイクの悩みを解決しよう」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。